登山靴

登山靴の選び方は?ハイカット・ローカット、それぞれのメリットとデメリット

登山靴

登山をするなら何をおいてもまず必要となる登山靴。

登山用品店へ行くと、思った以上に色々な種類があることに驚かされます。そしてそのバリエーションはデザインやグレードだけでなく、形状という点でも多岐にわたります。

今回はその形状の中でも最も大きな違いであるハイカット・ローカットそれぞれの登山靴について、メリットとデメリットを考えてみます。

ハイカットの登山靴

ハイカットの登山靴
写真は厳冬期用登山靴です

メリット

特に下りで威力を発揮しますが、足首が固定されていることによって、筋力だけでなく靴の力も併せてバランスを取ることができます。これにより、疲労しにくいというよりはむしろ、疲労してもしっかりとバランスをとることができ、怪我につながるようなアクシデントを予防することができます。

またハイカットの特性として、長靴のように水、雪、小石などの侵入を防いでくれるため、どんなコンデションでも躊躇いなく行動をすることができます。

デメリット

なんといっても重いです。

足首が安定することによってバランスを保つための体力消費は減りますが、靴を履いた足は当然重く、足を前に進めるための体力をより消費することになります。実体験として、登山後に疲労を感じる箇所は、ハイカットの靴とローカットの靴で違います。

またソールが硬い靴が多いため、登山道へアプローチする舗装路や木道など、整った足場ではかえって歩きにくいです。

適した用途

荷物が重いテント泊等の場合や、行程が長く下りでは疲労した状態が予想される山行、急峻な岩場などつま先で体を安定させる場面がある行程では、ハイカットの登山靴が安心です。下りでも足全体を使って体制を安定させることができますし、ソールが硬いため靴の変形によって足を滑らせるリスクを軽減しつつ、足全体の力をつま先に集中させることができます。

当然ですが雪山ではハイカットの登山靴一択です。

ローカットの登山靴

ローカットの登山靴

メリット

手軽で、軽いことが最大のメリットです。取り回しがしやすいですし、足首がフリーになるため、複雑な足場でも柔軟に対応したり、平坦なところでは足首のしなりを活かした歩行をすることによりペースを上げられます。

デメリット

足首がフリーであることはデメリットにもなります。筋力に自信がない方はもちろん、疲労時には自力でバランスを保つことが大変になってきます。特に下山においては不安定な足場にしっかりとフラットフッティングを行い、その度に足首の筋力を酷使するため、体力に自信がない方にとっては怪我のリスクにつながります。

また、多くの場合ローカットの登山靴はソールが柔らかめである場合が多く、デコボコした足場では足裏にも負担がかかります。

それと見落としがちですが、ローカットであるがゆえに小石などが入り込みやすいです。気になる人はかなり気になるポイントかと思いますので、トレイルランニング用のゲイター等を携行してケアする必要があるかもしれません。

適した用途

行程が短い日帰り登山や、難所の少ない山行に適しています。ガレ場や急勾配では足首や足裏に負担がかかりますが、平坦が大部分を占める行程ではその軽さを活かしてぐんぐんペースを上げることができます。

整備された登山道や木道を歩く場合は、ハイカットの登山靴よりも明らかに歩きやすいです。

※ミドルカットの登山靴

ミドルカットの登山靴

ハイカット、ローカットの中間であるミドルカットの登山靴も多く存在します。

その特性も両者の中間でバランスが良いものが多く、険しい道に対応できる安定性とハイカットの登山靴ほど重くない適度な軽さを兼ね備えています。

色々な状況に1足で対応したい方や、何を選んだら良いかわからない初心者の方にとって最適な選択肢です。私が夏季の白峰三山縦走へチャレンジするときに初めて買った登山靴がミドルカットのものでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。

実は私が初めてまともに登山をした富士登山では、メレルのローカットシューズを履いていました。下山時の大砂走ルートでは、足首への負担は感じなかったものの、小石が鬼のように入り込み、後悔したものです。

ルートの状況や天候等、色々な条件によって最適な装備は変わってきます。それぞれの登山靴の特徴を理解して、自分にぴったりな1足を選んでみてください。

 
海外ブランドの靴はスタイリッシュですが、私はモンベルの靴しか足に合いません…
関連記事

登山道で見かける人たちはほぼみんな手にしている、トレッキングポール。にもかかわらず、「登山 初心者」等で検索した時に紹介されている最低限の装備にはまず含まれていません。みんな持っているから必要なものなのかと思って、漠然と購入している方も多[…]

トレッキング