モーラナイフガーバーグ

【バトニング】キャンプに必要なナイフの条件とは?愛刀はこうして生まれる

モーラナイフガーバーグ

ナイフ一本で薪を割る、バトニングという技術をご存じでしょうか。

そもそも「薪を割る」ということをしているキャンパーさんは中級者以上のイメージがあります。私も、最初のうちはキャンプ場で買った薪をそのまま使っていました。

しかし、着火剤を使わずに火を起こす楽しみを見出してからは、いきなり太い薪には火がつかないので、「焚き付け」から火を育てるために、細い薪を作る必要が出てきました。

ナイフは本来、薪を割るための道具ではありません。 本当は荷物に制限がなければ、斧や鉈などの薪を割るために作られた道具を使うのが、道具にも人間にも一番いいです。

しかし、「ナイフ一本でなんでもこなす」というサバイバルな男らしさにあこがれて、バトニングをしてみたいと思ってしまったわけです。今回は、バトニング用にモーラ・ナイフ ガーバーグを購入を購入したので、紹介します。

キャンプナイフに求める条件

折れたナイフ

実は、モーラ・ナイフ ガーバーグを購入する前に、別のナイフでバトニングをしていたところ、ナイフが折れてしまったことがあります。その時の経験を踏まえ、バトニングができるナイフとはどんなものなのか、考えてみたいと思います。

キャンプナイフというよりは、アウトドアで使用するバトニングのためのナイフの条件、という感じですが、以下の条件でナイフを探してみました。

フルタングであること

刃の鋼材がハンドル材の終端まで伸びているナイフをフルタングナイフと言います。バトニングの衝撃に耐えるには、フルタング構造であることが望ましいでしょう。

刃厚が十分にあること

これはバトニングをすることを視野に入れるなら重視すべき条件です。一般的には、バトニングナイフの刃厚は、最低3mm以上必要だと言われています。

錆びにくいこと

これは刃に使われている材料によります。和式刃物に使われるような鋼は、研ぎやすく切れ味もいいのですが、しっかりと手入れをしないと錆びが発生してしまいます。キャンプナイフにおいては、絶対的な切れ味よりも、耐久性や扱いやすさを重視したかったため、結果的に刃材はステンレスが良さそうです。

刃の形状にクセがないこと

これは結構見落としがちかも知れませんが、刃の背を叩くバトニングや、研ぎ直しのしやすさを考えて刃の形状はできるだけストレートなもので、刃の付け方(グラインド)はフラット、もしくはスカンジグラインドのものを探しました。

レア物ではないこと

アウトドアでラフに扱うための精神的な条件です。レア物や一点ものの場合、上の条件を満たしていてももったいなくてラフに扱えない気がします。道具はつかってこそ。量産型の機能美こそがキャンプナイフには必要です。

選んだのはモーラナイフガーバーグ

結果、選んだのはモーラナイフガーバーグのレザーシースモデル。初心者におすすめのコスパ良好ナイフとして有名なモーラナイフの中でも、最強と言われるモデルです。量産のナイフとしては切れ味十分で、シースにも高級感があります。キャンプナイフに求める条件と照らし合わせながら、詳しく見てみます。

構造

モーラナイフガーバーグ

ハンドルを貫き下部から鋼材が見えるフルタング構造です。現在のところ、ガーバーグがモーラナイフ唯一のフルタングナイフのようですね。

刃厚

モーラナイフガーバーグ

刃厚は3.2mm。もう少し欲しいところですが、バトニングナイフの基準3mm以上をクリアー。

鋼材

モーラナイフガーバーグ

求めていたステンレス。厳密には、14C28Nステンレス鋼という、Sandvik社が開発した刃持ちと耐腐食性に優れた鋼材らしいです。しかもステンレス鋼としては研ぎやすい部類で、まさにアウトドア使用にうってつけ。

刃の形状

モーラナイフガーバーグ

一見スカンジグラインドのようですが、よく見ると完全なスカンジグラインドではなく、小刃がついています。切れ味は若干落ちますが、その分耐久性が上がり、研ぎ直しも短時間で済みます。

シース

モーラナイフガーバーグのレザーシース

シースがレザー性のモデルを選びました。実物は分厚い革が使用されており、想像以上に渋くてかっこいいです。先端には貫通防止のチップが入っており、実用面からも細かい配慮が行き届いた完成度です。

実際に使用してみて

切れ味

主に薪や枝を扱うナイフとしては、切れ味十分です。購入してそのまま使ってもよく切れます。

耐久性

耐久性は想像以上でした。

枝を落としたりバトニングをしてみたり、予定通りラフに使ってみても、刃こぼれも切れ味の低下もありません。

研ぎやすさ

切れ味が鈍ったわけではありませんが、せっかくなので砥石で研いでみました。

確かにステンレスは噂に違わぬ研ぎにくさを感じますが、上述の通り小刃がついているため、研ぎ直す範囲が狭くてすみます。錆びにくさとあわせて、メンテナンス性はかなりいいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

量産ナイフですが性能は十分で、まさに質実剛健という言葉がピッタリのモーラナイフガーバーグ。初めてのキャンプで準備するには少し価格が高く感じるかもしれませんが、キャンプにハマり、「永く」使うことを考えるなら、ぴったりの選択肢になると思います。

「一点ものが愛刀になるのではなく、大切に使っていく過程で一点ものの愛刀になる」と信じて。

大事に使おうと思います。