ランタン

ランタンの明るさ、イメージできますか?明るさの単位の話

ランタン

言うまでもなく、ランタンを選ぶ時にもっとも気になる要素は明るさですよね。

ところが、この明るさの単位、ランタンによって表現がまちまちで、購入候補を絞ったあとに明るさの単位の表記が違うと、どちらの方が明るいのかわからずに困っていしまいます。

実際、ランタンの表記でよく見かける明るさの単位について、どういうものなのか調べてみました。

例えばこんなランタンの表記は…

実際、ランタンは明るさをどのように表記しているのでしょうか。アウトドアシーンでよくみるランタンをピックアップしてみました。

LEDランタン

キャンパーにはもちろん、防災アイテムとしても有名なLEDランタン、ジェントスのエクスプローラーEX。

明るさは最大1000ルーメンとあります。

こちらはおしゃれキャンパーに人気のランタン、ベアボーンズのレイルロードランプ。

明るさは最大200ルーメンです。

LEDランタンの明るさは、ルーメン(lm)で表記されているようです。単位が同じであれば、明るさの違いはなんとなくイメージできるのですが…

ガソリンランタン

私も愛用している定番ガソリンランタン、ノーススター2000。

関連記事

デイキャンプを除けば、キャンプをするとき必ず必要になるのが灯かり。ヘッドライトやネックライトをいった視線の先を照らすライトも必要ですが、テントを張って拠点を作るなら、欲しくなるのがサイト全体を照らす灯かりです。 置いたり吊るしたりし[…]

ノーススター2000

明るさは最大360キャンドルパワーです。

ケロシンランタン

憧れのケロシン(灯油)ランタン、ペトロマックスHK500。

明るさは衝撃の、最大500キャンドルパワー。ノーススター2000がかなり明るいことを知っているので、それを大きく上回るHK500の明るさを想像すると恐ろしいものがあります。

ノーススター2000とHK500では燃料が違いますが、燃焼式ランタンの明るさはキャンドルパワー(CP)で表されているので、比べることができますね。

しかし、LEDランタンの明るさの単位、ルーメン(lm)とは違うので、数字の大きさで比較することができなくなってしまいました。

ルーメン(lm)とキャンドルパワー(CP)の違いは?

電球の光

ルーメンとキャンドルパワー、2種類の単位がでてきましたが、それぞれどういったものなのでしょうか。

ルーメン(lm)

ルーメン(単位:lm、光束とも言う)は、ざっくり言うと、光源から出る光の量を表します。

LEDランタンにおける光源はもちろんLEDですが、LEDランタンは多くの場合、LED出る光そのものを照明に利用するのではなく、リフレクターやホヤを介して光を拡散させ、周囲を照らす構造をしています。

ルーメンは厳密にはランタンの明るさではなく、ランタンの光源の明るさを表しているものです。つまり、ルーメンが大きいランタンの場合でも、実際に使用するランタンが明るく感じるかどうかはホヤやリフレクターの性能、照らしたい方向に向いているかなどの要素に左右されるため、別々の製品を単純に比較するのは難しいということになります。

キャンドルパワー(CP)

一方、キャンドルパワー(単位:CP)は、ろうそくを基準とした明るさの単位で、1CPはろうそく1本分の明るさです。カンデラ(単位:cd)と読み換えることができます。

カンデラは光源からある距離に置いた面が照らされている明るさを計測し、測定距離の2乗をかけて求める光源の明るさです。

こちらは実際に照らされる面の明るさによって決まる数値なので、よりランタンの性能を実質的に表しているように感じられます。

ただ、照らす範囲のうちでもっとも明るく照らす面だけを計算に使うことができるので、例えばサイト全体を明るくしたい場合に、キャンドルパワーが高いからといって購入するランタンを決めてしまうと、限られた範囲しか照らせないモデルだった、ということが起こるかもしれません。

※ルクス(lx)

ルクス(単位:lx、照度)は、光を受ける面の明るさの単位です。上述のカンデラを求めるときにも用いられます。

よく耳にする単位ですが、ランタンや室内照明を含めた照明器具そのものの性能を表す単位としてはあまり使われません。

日本では、JISによって作業や活動の種類に応じたルクスを用いた照明基準総則が設けられています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

単位が統一されていないとややこしいですが、それぞれの単位がどういったものなのかを理解することで、製品を直接試すことができない場合でも、ある程度使用感をイメージすることができると思います。

ランタンを買ったはいいけれど、思ったより暗い…というガッカリな事態を避けるために、知っておくとおトクです。

関連記事

私は火を見るのが大好きで、キャンプの夜にはいつもオイルランタンを使っています。愛用は、FEUERHAND(フュアーハンド) のハリケーンランタンです。 [itemlink post_id="196"] 伝統的なオイル[…]

FEUERHANDハリケーンランタン

参考サイト

https://www.lumitech.co.jp/blog/column/a14

https://www.cateye.com/jp/enjoy_lights/unit.html

https://www.ec-current.com/shop/contents/contents.aspx/00000543